キャッシング 2社目、すこし審査が厳しくなる

多重債務でも借りれるキャッシングについて
> 2社目のキャッシング審査は厳しい?

2社目のキャッシング審査は厳しい?

2社目のキャッシングを受けるときは審査が1社目の時とは異なります。
それはすでに1社目でキャッシングを利用している状態なので、
すでに限度額からお金を借りているなら借金を持っていることになりますし、
まだ借入をしていない状態でも限度額を持っていることで、
いつでも借金を持てる状態というのは審査で考慮されます。

1社目よりも2社目の方が審査が厳しくなる

1社目の審査よりは2社目のキャッシング審査の方が厳しくなります。

2社目のキャッシングを活用する人の大半は大きなお金を借りることが目的でしょう。

例えば、100万円借りる場合に1社で100万円の利用限度額を認めてもらうよりも、
小口に分けて総額で100万円を借りる方が難易度が低いものです。
一つのポイントとなるのは、1社目でどのくらいの限度額を持っているのか、
これによって審査の合否は変わってきます。

小口であれば返済能力内であれば借りられる。

もちろん、大きな限度額をすでに手に入れている場合は、
それだけ審査は難しくなります。逆に小口ならば審査に通りやすいでしょう。
このように2社目のキャッシング審査というのは基本的に
1社目よりは確実に厳しくなりますが、自分の返済能力を超えない限りは
それほど心配する必要もありません。

しかし、借金があるとそれだけ評価が低くなり、信用情報等に問題が無いことも
前提となってきます。
大きな借入金額を求めるほど合格は難しくなりますが、
2社の合計でも小口の融資ならば、それほど審査に対して心配する必要もないでしょう。

COPYRIGHT© stjosephs-highland.org ALL RIGHTS RESERVED.